Fontsize : [ Large Size ] / [ Default Size ]

Home : Blog(What's New / Memo)

index > Recommend > Movie > 博士が愛した数式とは

博士が愛した数式とは

現在このサイトは移転のため更新停止しています。
新しい記事はVERSIONFIVEにて更新されていきますのでそちらをご利用下さい。

また一部のエントリは新しいサイトに一部修正加筆されて再掲されています。[再掲されているエントリ一覧]

博士の愛した数式

博士の愛した数式」を観てきました。

恥ずかしながら、自分は本を全然読まない人間なので、映画の原作なんて読んで見に行ったことがほとんどありません。前評判聞いて、とか原作みたことある友達といく、って感じです。

今回はもともと予定していた映画が見れなかったので、急遽コレをみたんですが、「博士の愛した数式」ってとこに微妙に惹かれたんですね。レジェンド・オブ・ゾロも観たかったけど、こっちを観ました 笑

以下多少のネタバレを含みますので興味のある方はどうぞ。

観る前は「博士の愛した数式」ってあるくらいだから数学映画?なんだろうと思っていました。
つまり理系の人間が興味を惹かれそうな映画だと。

そういう僕も生粋の理系なので、数学は好きです。

この映画には、「博士」と呼ばれる交通事故で80分しか記憶がもたなくなってしまった数学博士(寺尾聰)が義姉の援助を受けながら住んでいて、そこに数学とか全然知らない家政婦(深津絵里)がやってくるところから物語がはじまっていきます。

きっと数学知らない人から見ると、「天才となんとかは紙一重」という代名詞そのままなこの博士は相当分けわかんない部類の人間なんでしょうが、アレですね、僕も理系なんで、博士のいう美しい数式とか証明の美しさとか、微妙にわかっちゃうとこもあるんですね。

映画中に出てくる数式や数学用語は、初心者向けに、非常にわかりやすく説明しています。そこには博士の数学という世界に対する複雑な愛情と、一種哲学のような考え方を持ってきているのですが・・・

こんな僕は生粋の理系なので、国語全然ダメです。

数学映画ならきっと理系の人間が好きそうな内容だと思ってたのは少し勘違い。すばらしい自然と、親子2人と博士とのふれあい、ちょっと昼ドラにでてきそうな義姉と博士の過去とか、でてきた数式は簡単だったけど、その数式にからませた心理描写は僕の頭の範疇を超えてました┌o ペコ

でも観た後すごく心地いい気分になれました。優しい映画だったと思います。
長い長い3週間のテスト期間を終えて疲れていたところを癒していただきました。

生粋な理系な方々には心温まる描写を。数学わかんない方々にはちょっとした数学の世界を。要はみんながそれぞれに楽しめる映画なんじゃなかったかな、と思いました。


なんたって深津絵里さんがかわいいですよ。(ヲイ

「博士の愛した数式」関連の記事

Recommend > Movie | - | -

[ Skip To Top ]



Sub Contents

Weblog Navigation

Latest Entries
Category
Recent Comments
Recent Trackback
Archives
Recommend

Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト 「Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト」

WEBの歴史からXHTML,CSSの解説さらにはアクセシビリティにも触れられているまさに「教科書」

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール 「Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール」

Serene Bachユーザ必読のガイドブック

世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル 「世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル」

有名サイトのCSSデザインテクニックが学べます

Joined

Other