Fontsize : [ Large Size ] / [ Default Size ]

Home : Blog(What's New / Memo)

index > Note > WEB > Twitter がおもしろい。

Twitter がおもしろい。

現在このサイトは移転のため更新停止しています。
新しい記事はVERSIONFIVEにて更新されていきますのでそちらをご利用下さい。

また一部のエントリは新しいサイトに一部修正加筆されて再掲されています。[再掲されているエントリ一覧]

WCAN 2007 springの懇親会で、Unknown Qualityさまのyo-sukeさんに勧められて、今ウワサのTwitterを始めてみました。

どんなサービスかというと、「今、何をしているのか」というシンプルなことを伝え合って、ゆるーーくコミュニケーションをしようというサービスです。

簡単にいうと、インスタントメッセンジャー(IM)の「名前@〜」の〜部分(表示メッセージ)に書くようなことを書く、って考えればいいのかな。これらの通知はIMで受信できるので常にWebサイトを開いている必要もありません。携帯からもできます。

一応外国のサービスなのですべて英語なんですが、使ってると英語わかんなくてもなんとなく分かるようになります。詳しくは以下のリンクに詳しいです。

ちなみに自分はMicrosoft Messenger for Macしか常時起動はしておらず、iChatやSKYPEは普段は起動していないので、Twitterrificという軽いアプリケーション(Wedgetじゃないよ)を使っています。

このアプリの便利なところは、ショートカットが充実している点です。

  • Cmd+W - ウィンドウを閉じる
  • Cmd+R - 更新
  • Cmd+2 - 選択したTweetに"@name"を使って返事する
  • Tab - メッセージ記入欄とTweetのリストを切り替える

よく使うのはこのくらい。特に「Cmd+2」は記入ミスも防げるしすごく便利。今劇的にTwitter関連のソフトやサービスがリリースされてるので、自分にあったものを選ぶとよいと思います。

これハマると、働いてる人の生産性をおそろしく下げるキラーツールになるかと思われます。僕もしょーもないことをさえずってます(Tweet)ので、興味のある方は友達に追加してやってください。

Note > WEB | - | -

[ Skip To Top ]



Sub Contents

Weblog Navigation

Latest Entries
Category
Recent Comments
Recent Trackback
Archives
Recommend

Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト 「Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト」

WEBの歴史からXHTML,CSSの解説さらにはアクセシビリティにも触れられているまさに「教科書」

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール 「Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール」

Serene Bachユーザ必読のガイドブック

世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル 「世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル」

有名サイトのCSSデザインテクニックが学べます

Joined

Other