Fontsize : [ Large Size ] / [ Default Size ]

Home : Blog(What's New / Memo)

index > Note > PC,Software > ClearType

ClearType

現在このサイトは移転のため更新停止しています。
新しい記事はVERSIONFIVEにて更新されていきますのでそちらをご利用下さい。

また一部のエントリは新しいサイトに一部修正加筆されて再掲されています。[再掲されているエントリ一覧]

実家でハタチになってきた管理人です。お酒を堂々と飲めますヽ(´Д`)ノ
さらに衆院選にも投票しにいけたりしますな。


さて実家に帰ってPCはほとんど触ってなかったんですが、一応自分のページくらい確認・・・と思って実家のPCからここを覗いてみたんです。

・・・あれ、なんか汚い。

と思ったらフォントが原因でした。アンチエイリアス効いてなくてガタガタ。。

最近のブログをみるとフォントを綺麗にみせるために代替画像を用意するケースより、PCにプリインストールされているフォントをCSSで指定しているケースが多いですよね?

Macだと表示されているフォントにアンチエイリアスがかかり、非常に美しいです。対してWindowsはビットマップになってて美しいとはいえません。

ってことで今回はフォントを綺麗に画面に表示する「ClearType」の設定方法をご紹介。
設定については自己責任でお願いします!ただし今回はWindowsXPユーザを対象にしています。

ClearType 【クリアタイプ】

Microsoftが開発した、画面上でアウトラインフォントを精細に表示する技術(フォントスムージング技術)。
基本的には一般的なアンチエイリアシング処理と同様で、文字と背景の境界部に両者の中間色を配置して階調をなめらかに調整する。

設定方法はこんな感じです。

ClearTypeを有効にする

  1. [スタート] > [コントロールパネル] > [画面]
    (コントロールパネルをカテゴリ表示にしてある場合は[デスクトップの表示とテーマ] > [画面])
  2. [デザイン]タブ > [効果]
  3. [次の方法でスクリーン フォントの縁を滑らかにする]のチェックボックスをON > リストから[ClearType]を選択
  4. [OK]をクリック > さらにもう一度[OK]をクリック

また分かりやすい画像付きの説明は下のリンクを参考にドウゾ

これで例えばうちのサイトを見てもらえれば少なくとも英字の部分はアンチエイリアスがかかって綺麗に見えるはずです!(`ー^)

でも日本語の部分や、PCのデスクトップなどの英字は前のままだよ・・・という方は以下をドウゾ。


とりあえず英字フォントを変更する

  1. 上記の[画面] > [デザイン]タブ > [詳細設定]
  2. [指定する部分]のリストを順に見ていきフォントが指定してある箇所をお好みのフォントに変更
注意
  1. フォントはTahomaなどの英字をフォントを指定すると良いです
  2. フォントを変更する際、[指定する部分]の[サイズ]や[フォント]の[サイズ]が変わると表示が崩れてしまう可能性があるので慎重に設定してください

日本語フォントも綺麗にしたい!

注意
専門的な知識が必要な場合があります

参考にしてみてください。

さあ、アナタもClearTypeを使って美しくクリアなフォントライフをお楽しみください!

Note > PC,Software | - | -

[ Skip To Top ]



Sub Contents

Weblog Navigation

Latest Entries
Category
Recent Comments
Recent Trackback
Archives
Recommend

Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト 「Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト」

WEBの歴史からXHTML,CSSの解説さらにはアクセシビリティにも触れられているまさに「教科書」

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール 「Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール」

Serene Bachユーザ必読のガイドブック

世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル 「世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル」

有名サイトのCSSデザインテクニックが学べます

Joined

Other