Fontsize : [ Large Size ] / [ Default Size ]

Home : Blog(What's New / Memo)

index > Note

FeedBurner 始めました。

FeedBurner

かなり遅まきながら、このサイトで配信しているRSS、AtomをFeedBurnerで焼きなおして配信することにしました。

アドレスは以下の通りです。リダイレクトをかけてますので、以前のままでもまったく問題ありませんが、できればFeedBurnerの方に登録変更していただけるとうれしいです。

http://feeds.feedburner.jp/version510

以前からいいウワサを聞いていましたが、実際使ってみて、配信者からの利点を挙げてみます。

フィードの購読者数解析
フィードのアドレスを一意に管理できるので、フィードリーダから購読しているユーザを把握できる。
スマート・キャスト
1つフィードアドレスで、様々なフィードの形式に対応させることができる。フィードの規格毎にXMLなどのファイルを用意しなくていい。
共有フォト、共有ブックマークサービス
ソーシャルフォトサービスのFlickr、ソーシャルブックマークサービスのdel.icio.usや、はてなブックマークなどの配信フィードを、FeedBurnerのフィードに共有させることができる。
フィード・フレア
フィードの各記事に「del.icio.usへ追加」や、「はてなブックマークへ追加」などのリンクを追加できる。

FeedBurner Result

そんな感じで導入も楽々ですし、なんと言っても管理画面にヒントがたくさんあって、とてもユーザフレンドリな感じがします^^
んで、昨日からリダイレクトをかけていますが、11/06 22:02現在で左のような状況です。順に増加していますね。

ちなみに、これまで使っていたフィードの読者をFeedBurnerで解析したい場合は、.htaccessファイルなどでリダイレクトすればよいです。詳しくは、Feedburner Infomationさまの「リダイレクト設定」に解説があります。

この際、FeedBurnerからのクロールがリダイレクトされ、無限ループしてしまう現象を回避するために、FeedBurnerからのリクエストを回避させる必要があります。


RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} !FeedBurner
RewriteRule ^(フィードまでのアドレス)index\.rdf$ (FeedBurnerのフィードアドレス) [L,R=permanent]
RewriteRule ^(フィードまでのアドレス)atom\.xml$ (FeedBurnerのフィードアドレス) [L,R=permanent]

上のように.htaccessファイルに記述すればOKです。

最後に、導入方法や機能紹介が非常に詳しいサイトさまを紹介します。

Note > WEB | - | -

[ Skip To Top ]


IE 7 のCSSハック

各ブラウザのCSSの解釈の違い(バグ)を補正するために、そのCSSのバグを逆手にとって、特定のブラウザに意図したデザインを表示させる裏技(?)である、俗にいう「CSSハック。」

そんなCSSハックは、CSSの記述としては正しくないものもあるため、あまり使わないほうがよいというのが一般的です。(どこまでをCSSハックというのか判断しにくいですが・・・)

しかし最もシェアが高く最もバグが多いブラウザが、ご存知Internet Fucking Explorer。使いたくないと言いつつもCSSハックの利用が必須とならざるを得ないという、皮肉な現状があります。

仕事で利用する機会も多いことので、備忘録としてまとめてみました。

BLOG × WORLD ENDINGさまの記事では、このCSSハックがきれいにまとめられています。

この、CSSバグの宝庫、「真のWEBのお荷物」ことInternet Fucking Explorer 6のメジャーアップデート版、IE7の日本版が先日リリースされ、バグがどこまで修正されたのか、WEBクリエイターたちは戦々恐々です(つд⊂)

僕もIE7をインストールしていじってみたんですが、早速IE6とも違うバグがあったので、この解決法を続きにちょこっと紹介してみます。

(06/11/17追記) 小粋空間さまの記事にて、IE7のみに適用されるハックが更新されたようです。ご注意ください。

[ Continue Reading ]

Note > PC,Software | - | -

[ Skip To Top ]


Internet Explorer 7 日本語正式版 リリース

Internet Explorer 7

11月2日にInternet Explorer 7の日本語ロケールの正式版がリリースされました。

以前の「IE 7 正式版 と Firefox 2 正式版」というエントリで、やっぱりIE7が出るのは気が重いと書きましたが、そうはいいながらやっぱりちょっと楽しみだったので早速ノートPCの方にインストールしてみました。

インストール後、初回起動時に設定ページが表示されて、検索プロバイダ(検索サービスのことですね)の追加の是非や、フィッシング対策機能のオン・オフ、ClearTypeを使用するか、などの設定しました。

さらに、様々な検索プロバイダの追加を行なえるページにジャンプし、いくつか追加を行ないました。これをすると、画面右上の検索ボタンのプルダウンのとこに検索プロバイダが追加されます。このプルダウンメニューには、更なる追加と検索プロバイダの設定ができるようになっています。

設定を終え、画面全体を見てみると、

  • タブがある
  • 一般的な「メニューバー」がデフォルトで表示されていない (表示可能)
  • 右上にフィード検出ボタンがある
  • 戻る・進むボタンと、更新ボタン、読み込み中止ボタン、ホームボタンの位置がバラバラになっている
  • マウスジェスチャはないっぽい?

IE7 Screen Shot

画面デザインはVistaを意識してか?、テカテカしてる感じです。肝心のタブの操作感は特に問題なく、「クイック タブ」と呼ばれるタブ一覧機能は遅くないし、便利だと思います。
ただ、これらの機能はFirefoxやOperaなどのモダンブラウザではすでに実装されていますが。(一部拡張機能を導入する必要はあります)

ちなみに、ALTキーを押すと「メニューバー」が現れるようです。(その辺クリックしたり、もう一度ALTキー押すと隠れます)

ダウンロードから初期設定、新機能などの雰囲気が知りたい方は以下のページが非常に参考になると思います。

また、CSSなどのサポート面でも大幅に向上したみたいです。アルファチャンネルpngに対応したのはデザインの幅が広がるので個人的にうれしいです。
僕もいじってみて、これは気をつけなくちゃいけないと思ったCSSハックがあったので、近々エントリしようと思います。

ちなみに11月1日から3日までのVERSION510に訪れる方のブラウザは、IE7が3位の8.6%、IE6がダントツ1位の64.7%です。シェアがどう変動していくのか非常に興味が沸きますね。

Note > PC,Software | - | -

[ Skip To Top ]


WCAN/200610 レポート

WCAN Logo

昨日行ってきましたWCAN/200610。(今回は相当寝不足だったので帰ってきたイキオイでは書けませんでした。。)

[ Continue Reading ]

Note > Report | - | -

[ Skip To Top ]


IE 7 正式版 と Firefox 2 正式版

2006年10月は2大ブラウザのメジャーバージョンアップの月になりそうです。

IEBlogにて、「IE7 Is Coming This Month...Are you Ready?(IE7が今月来るよ...準備できてる?)」というエントリが公開されました。
ただし、IE7日本語版の自動配信は世界でリリースされた半年後になります。

日本におけるIE 7の自動配信、更新機能の提供は先になる。2006年の10~12月に予定している日本語版Windows XP SP2用のIE 7最終版をリリースした6カ月後に、自動更新によりIE 7を高い優先順位の更新プログラムとして配布する。

これ、自動配信が半年後だけど、日本語版のリリースはいつなんですかね?

個人的にはIE7 SP1とかがでてから導入したいのですが、IE6に代わり確実に広がっていくであろうブラウザの新バージョンを見過ごしているわけにもいきません。ただ、IE7がIE6にとって代わるまでには数年かかると思われます。

これからずっと、XHTML+CSSでWEBサイトを設計する際には、やんちゃな古株に手を焼かれつつ、なにをしでかすかわからない新入りの様子を見てなきゃいけないと思うとやっぱり鬱ですね。WEBクリエイターは板ばさみ。


そして我らがFirefoxのメジャーアップデート版「Firefox 2」のリリースも今月末に迫っています!

もう僕はFirefoxだけを見ていたいよ・・・(現実逃避

まとめ。

  • IE 7 正式版 : ちょっと楽しみ、、ううん、やっぱり鬱。
  • Firefox 2 正式版 : 楽しみ。すげー楽しみ。

Note > PC,Software | - | -

[ Skip To Top ]



Sub Contents

Weblog Navigation

Latest Entries
Category
Recent Comments
Recent Trackback
Archives
Recommend

Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト 「Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト」

WEBの歴史からXHTML,CSSの解説さらにはアクセシビリティにも触れられているまさに「教科書」

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール 「Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール」

Serene Bachユーザ必読のガイドブック

世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル 「世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル」

有名サイトのCSSデザインテクニックが学べます

Joined

Other