Fontsize : [ Large Size ] / [ Default Size ]

Home : Blog(What's New / Memo)

index > Note

WCAN も CSS Nite in Nagoya も

9月は2日にWCAN (Web Creators Association Nagoya) だけでなく、23日にCSS Nite in Nagoyaもあります!
CSS Niteってレポートとかみていてすごく行ってみたいんだけど、東京だから行けなかったんですね。それが名古屋に来ちゃうと!

日程などは以下のページを参照してください。(WCANはすでに定員いっぱいだそうです)

WCANは2回目の出席です。WCAN/200606は本当に勉強になったので、プロの方々に混じって懲りずにまた参加します。

CSS Nite in Nagoyaには益子貴寛さん(CYBER@GARDEN)、長谷川恭久さん(C O U L D)、鷹野雅弘さん(株式会社スイッチ)という顔ぶれ。いやぁすごい。

ってことで、僕もWCAN/200609、CSS Nite in Nagoya両方とも参加します。
参加者の方々よろしくお願いします。

(2006/9/24追記)参加後レポートを掲載しました。

Note > WEB | - | -

[ Skip To Top ]


「We google. = ?」のその後

以前「google」が動詞としてある英語辞典に載るっていう話題をとりあえげたんですけど、ちょっと動きがあったのでまたエントリしてみました。

Googleが、「google someone(だれかについてググる)」といった一般動詞としての同社名の使用を厳重に取り締まる意向を明らかにした。

「google」って言葉が「Googleを使ったインターネット検索を表すこと」などという意味で浸透すると、商標としての[Google]の名声を失うおそれがあるから、だそうです。

でも僕個人的には「google」っていう動詞が使われてもいいんじゃないかなぁと思います。

例えば、何年後・何十年後かに「Google」って会社はなくなってしまうかもしれない。でも皆が「google」を「ネットを検索する」っていう意味でぼく一般的に使うようになってたら、その語源として[Google]という会社の名は言語の中でずっと残る。
その時代の子供がこの単語を辞書で引くと、その語源にははっきりと[Google]って社名が残っていて、そこで[Google]という会社のことを知るかもしれない。

僕はこのことのほうがすごく名誉ではないかと感じます。実際ナイーブな問題みたいだからわかんないですけどね。


ところで、この問題について[Google]日本法人としては、

「多くの人にグーグルを知ってもらうきっかけともなるため、大変うれしいこと。米国ではgoogleという社名そのものが動詞として使われていて、商標に問題が生じる可能性もあるため対策を取ろうとしているが、日本の場合は、グーグルという言葉ではなく、“ググる”と変化した形で使われているため、特に問題にはならないだろう」と述べた。

「ググる」はオッケーらしいです。うーむ、ま、自分が使うのは「ググる」だし、いっか。)`ν゜)・;'

で、結局、「We google. = ?」なわけなんですよね。

Note > WEB | - | -

[ Skip To Top ]


Bloglinesが進化してる。

Bloglines

管理人のRSSリーダは「Bloglines」です。

外国製だったので、始めた当時は日本語化されているもののサポートが不十分だったり、PCインストール型や最近増えたブラウザ付属のRSSリーダとは違い、ブラウザ操作のため使い勝手が微妙だったりしていました。
でもとりあえずFirefox拡張機能の「Bloglines Toolkit」との提携がなかなか便利だったので、長い間ただ閲覧してるだけでした。

そんな先日、登録数も増えてきてカテゴリ分けもテキトーだったので久々に登録サイトの整理をしようとしてみました。

そしたらびっくり。相当使いやすくなってるじゃないですか!

一回クリックすると選ぶことが出来ます。名前を変えるにはもう一度クリックして下さい。ダブルクリックすると詳細を変更することができます。Ctrlを押しながらクリックすると複数選択することができます。Shiftを押しながらクリックすると範囲を指定して選ぶことができます。ドラッグして置くことで、並び替えることができます

こんな簡単な説明だけど、まさにこの通り。直感で操作できるようになっています。
簡単にいえばjavascriptで制御されてるですね。PCのファイラとほぼ同じ感覚で操作できます。こりゃあ昔と比べるとものすごい進化ですよ!javascriptってすごいんだなぁ。

ブラウザがあればソフトのインストールとかいらないから複数のPCを使ってる人には絶対便利。ぜひ使ってみてください。
...と、今更ながら(今だからこそ)オススメしてみます。笑


最後にBloglinesをオススメする方々の記事+操作Tipsなどを載せておきます。

注)機能追加が何度か行われたせいか、多少昔バージョンの紹介記事もあります。

Note > WEB | - | -

[ Skip To Top ]


そのまんまなその後

例の一件のあと夏休みだというのに更新が途絶えてしまいごめんなさい。夏こそこのサイトの盛りだというのに。。!

本当はこの件が片付いてから更新再開したかったのですが、株式会社 CRCプロモーションからの連絡が未だにありませんので、とりあえずこの記事で今までと今後の動向をお知らせしていくことにし、更新再開したいと思います。(2006/08/05現在)

新たな動きが入り次第、このエントリーをトップに移動して「一件の動き」にてみなさまにお伝えしますので、ご了承ください。

管理人のコメントを追加しました。


記事更新履歴

  • [2006/08/05] 記事の公開開始
  • [2006/08/11] 「一件の動き」更新
  • [2006/08/13] 「一件の動き」更新
  • [2006/08/16] 「一件の動き」更新。項目「今回の一件に対して」追加

一件の動き

2006/07/20
[ ODAMARI.NET ]の存在をメールにて知る
2006/07/30 01:50
記事「そのまんま」を掲載。記事内にて事実の検証
2006/07/31 00:37
CRCプロモーションからメール。こちらからも返信
2006/07/31 未明
[ ODAMARI.NET ]がCSSを外す。(X)HTMLはそのまま
2006/07/31 03:28
「そのまんま」内記事コメントを非公開化
2006/08/05 17:35
本記事「そのまんまなその後」を掲載
2006/08/09 04:18
そのまんま美川氏からメール。8/11に返信
2006/8/13 02:27
[ ODAMARI.NET ]NEWSに記事「お詫び」が掲載
そのまんま三川氏のブログでも記事「お詫び」が掲載
2006/08/13 5:22
そのまんま美川氏からメール。8/16に返信
2006/08/16 17:14
本記事「そのまんまなその後」に項目「今回の一件に対して」を追加

今回の一件に対して

今回のこのような事件に当たって、僕自身もこれまでに経験したことがないものであったため、どう対応すべきか非常に悩みました。

しかし、ネットで調べたケースとは違い、CRCプロモーションからは非常に誠実で真摯な対応をしていただき、本当に安心しました。

今回は、CRCプロモーションとしても[ ODAMARI.NET ]を制作依頼した人物(WEB制作会社ではないそうです)が行ったことであったため、事件が発覚するまで知らなかったそうです。事実関係の詳細は[ ODAMARI.NET ]に掲載された「お詫び」に詳しくありますので、こちらを参照いただけるとよいと思います。

良識を超えた範囲での「真似」を発注元の会社のWEBサイトでするという感覚は、発覚後のクライアントへの被害を考えても到底できない行為ではありますが、実際このようなことがあったということは、同じWEBを制作する者としても考えさせられる部分がありました。

技術的な話になりますが、構造化された文章(XHTML)とそのデザイン(CSS)の分離というのは、もちろん様々なメリットを生みますが、流用しやすさ、という使い道によっては逆の?メリットも生むということを今回の一連の出来事を通して強く感じました。
XHTML+CSSでWEBを設計する際に、いかに上手く制作者側のアイデンティティーを残していくか、それを個人サイトだけでなくクライアントのWEBサイトに対して行うにはどうすればいいのか、という課題は非常にデリケートで難しいですね。。

今回の一件は、「[ ODAMARI.NET ]のリニューアル及び、そのトップページでの事実関係とCRCプロモーションの見解の記載」にて解決ということで両者合意しています。WEBサイトのリニューアルにはもう少々の時間がかかるかとは思いますが、VERSION510を観てくださいっている方には大変ご迷惑をおかけしました。また、これまで助言を下さったみなさん、本当にありがとうございました。

VERSION510管理人 の

Note > VERSION510 | - | -

[ Skip To Top ]


13th August 2006

本日13日で21歳になりました。

まだまだ20歳だと思ってたのにもう1年すぎてしまいました。なんか「ハタチ」だとまだ若さがあるように聞こえるのに「21歳」っていうと急に歳をとっているように聞こえるのはなぜでしょうか。。_| ̄|○

そんな自分は結構久しぶりに実家に帰ってきて家族と過ごしています。一人暮らしをしていると家族のありがたみがわかりますねぇ。料理も洗濯もしてもらえるし。

そうそう、面識はないですが、以前に紹介したこの方も今日が誕生日ですね。相変わらずその技術に脱帽です。距離は縮まって、ないような(汗

とりあえず自分の誕生日なんて書くネタはないんですが、21歳こそ、もっとでっかい世界に出てみたいなぁ、なんて妄想しています。

Note > 雑記 | - | -

[ Skip To Top ]



Sub Contents

Weblog Navigation

Latest Entries
Category
Recent Comments
Recent Trackback
Archives
Recommend

Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト 「Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト」

WEBの歴史からXHTML,CSSの解説さらにはアクセシビリティにも触れられているまさに「教科書」

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール 「Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール」

Serene Bachユーザ必読のガイドブック

世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル 「世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル」

有名サイトのCSSデザインテクニックが学べます

Joined

Other