Fontsize : [ Large Size ] / [ Default Size ]

Home : Blog(What's New / Memo)

index > moved

WCAN 2007 autumn レポート

WCAN Logo

えー、最近停滞ぶりに拍車がかかってますね。リニューアル作業も遅れていて、あいかわらずこちらでの更新なのですが・・・。

今日はWCAN 2007 autumnに参加してます。えっと、さいきんsummerのレポートを書いた気がしたのですが。。時がたつのが早いですな。

今回は電源が近くにないので書けるだけ書きたいと思います。

[ Continue Reading ]

Note > Report | - | -

[ Skip To Top ]


WCAN 2007 summer レポート

WCAN Logo

久しぶりのエントリです。

試験勉強やらに追われていてこちらは疎かになってるのですが、今日は息抜きもかねてWCAN 2007 summerに参加してます。

今回も電源の近くの席をゲットしたので、書けるだけライブで書きます!

[2007-07-18T01:25:00+09:00] 関連記事追加しました。

[ Continue Reading ]

Note > Report | - | -

[ Skip To Top ]


「ブログ倦怠期」に陥ってます

これはなんですか

Webサイトリニューアル/リロンチの約1〜2ヶ月前になると起こる症状です。

毎年4〜5月にかけて起こるため(リニューアルが大体夏前なので)、「ブログ5月病」とも呼んでいます。

どんな症状が見られますか

以下のような症状が見られます。

  • ブログのネタが減少する
  • ネタをだそうとする気力が減少する
  • ネタを考えるだけでまとめない
  • ネタを脳内で完結して満足して投稿しない
  • ブログ以外(mixiなど)にも同じ症状が現れる

結果として、ブログの新規エントリ数が減少します。

原因はなんですか

以下のようなステップを踏んで発症します。

  1. Webサイトをリロンチしたくなる
  2. リロンチ案が漠然とだが浮かんでくる(コンセプトや大雑把な仕様等)
  3. 現在のデザインでエントリを書く度に移行後のことを考えてしまう
  4. できればリロンチ後に再利用可能なカタチにしたいと強く考えるようになる
  5. 現在のデザインが気に入らなくなる
  6. しかしリロンチまでの先乗りは長い
  7. 本症状が発症する

回復手段には何がありますか

本症状の特効薬として、「リニューアル/リロンチをしてしまう」というものがありますが、実際はこの薬が使えない状況にいる場合が多数を占めます。

そのため、一時的な手段として以下のようなものがあります。

  • エントリをリニューアル後に公開するドラフトの状態で保存しておく
  • リニューアル後に再利用可能な状態で現在のブログにエントリする
  • リニューアル後に再利用可能な状態で別の一時的なブログにエントリしておく
  • エントリを書かない

いずれの場合も計画的なサイト運営が重要な要素となります。

現在このような状況にあります>< 今回は、エントリの横幅が狭いこと、文字がちっちゃいこと、が主な理由で書く気力が低下中です。

皆様にはもうしわけないですが、試験もあるので、リニューアルも夏以降になりそうです。てことで、もうしばらくこの症状は続きそうです。。・゚・(ノД`)・゚・。

Note > 雑記 | - | -

[ Skip To Top ]


CSS Nite LP, Disc.3 -Coder's High- レポート

画像:CSS Nite LP, Disc 3 -Coder's High- バナー

今からやりますCSS Nite LP, Disk 3 -Coder's High-。今回もMacを持ち込んでるので書けるだけライブで書きます。しかも今回も電源の近くの席をゲットしたからバッテリ切れはないんだぜ!

かなり長いです><

[ Continue Reading ]

Note > Report | - | -

[ Skip To Top ]


ドメイン名の由来とHNの由来再び

2xup.orgさまにてドメイン名に関する面白そうな話題が出ています。

せっかくなので、みなさんのドメイン名の由来をブログしてみませんか。ドメインを持っていない人はアカウント名でも良いですよね。

これ、Twittercaramel*vanillaさまのlomoさんがかみのごうやさんに話題提供していたのを僕もちょうど見ていました。笑

なぜ「version510.com」?

この由来を思い出すのにはもう5年近くさかのぼらないといけないですね。

高校生2年生のある日、友達の影響で自分もWebサイトを作ってみよう!と思い立って、はじめ「version」か「vision」というサイト名でいこうと思っていました。なんか響きがかっこ良かったから。

で、とりあえず「version」にしてサイトをつくり始めたんですが、作っちゃ気に入らない、作っちゃ気に入らない、でひたすら色々作っていました。
そうしてるうちに始めは「version」だったサイト名が「version2」になり「version3」になり・・・気づくと公開しようと思ったのが「version5」だったんですね。今考えるとなんでイチイチサイト名変えてんの、と激しくツッコミたいですが。。

自分は5って数字が結構好きだったけど、「version5(ばーじょん ふぁいぶ)」だと検索しても何かのソフトのバージョン名に負けちゃいそうだったので、わかる人はわかるかと思いますが、結果的に「version-5.10(ばーじょん ごーてんいちぜろ)」になりませした;-)

その後、リニューアルしていくいちに「-」と「.」書くのがめんどくさくなって「version510」に収まり、大学入って安かった.comドメインも取りました、とさ。
んで、読み方は本来通り「ばーじょん ごーてんいちぜろ」か「ばーじょん ごーいちぜろ」ってことにしてます。

うーん、なんてツッコミどころが多い由来なんでしょうか。

なぜ「の」?

ハンドルについては、昔「ハンドルネームの由来」というエントリで書いていますね。抜粋して再掲しますと、

「小回りが利きそうだから。」
昔ロボットコンテストに3人1組で参加しまして、そこに出したロボットの名前があまりに決まらなかったので自分が勝手に決めました。
(中略)
んでその名前が個人的にはまったのでHNにしちゃいました☆

・・・うん、人、じゃないよね。

・・・ということです。このハンドルすごく使いにくし、呼びにくいし、不思議に思われるのですが、説明しようと思ってもなんてめんどくさい由来なんでしょう_| ̄|○

そのうち、気づいたら「version five」ってサイト名で、もっとわかりやすいハンドルにしてるかもしれません。笑

「2xup.org」ってなんて読むの?

Twitterでもかみのごうやさんに直接Twitしたんですが、僕は「2気アップ ドットオルグ」って呼んでました!

マリオでキノコ取ると「1気アップ」って言いません・・・?で、2個取ったから1気 x 2 アップで「2気アップ」と。これ正解だばかりと思ってたのはナイショ。:-p

Note > 雑記 | - | -

[ Skip To Top ]



Sub Contents

Weblog Navigation

Latest Entries
Category
Recent Comments
Recent Trackback
Archives
Recommend

Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト 「Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト」

WEBの歴史からXHTML,CSSの解説さらにはアクセシビリティにも触れられているまさに「教科書」

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール 「Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール」

Serene Bachユーザ必読のガイドブック

世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル 「世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル」

有名サイトのCSSデザインテクニックが学べます

Joined

Other