Fontsize : [ Large Size ] / [ Default Size ]

Home : Blog(What's New / Memo)

index > Archives: August 2006

雑記 もう終わっちゃったの!?

大分涼しくなってきましたね~。そして雑記はお久しぶり。

近況などをちょこちょこ挙げときます!

[ Continue Reading ]

Note > 雑記 | - | -

[ Skip To Top ]


SB 「ちょっと一言」を全ページで表示する

実はSerene Bach系の話題ははじめてのエントリだったりします。笑

自分はperlは全然わかりませんが、これからプラグインの妄想とかを書いていきたいと思います。Serene BachをCMS(Contents Management System)として使うための話題が中心になる予定です。C言語なら分かるので、ノリで無理矢理ファイルをいじったりしてみてます。ヲイ

ちなみにプラグインの希望は宵闇書房さまも書いていらっしゃいますので参考にどうぞ。


さて、Serene Bachに付属しているプラグイン「ちょっと一言(Topmemo)」はトップページにのみ表示される独自ブロックを追加し、一言メモを記述できるプラグインです。

これをすべてのページで表示できるようにすれば、テンプレートを逐一編集せずにブラウザから編集・表示できるパーツを追加できるようになるので、よりCMSっぽくなるのではないか、と。

で、続きにアイデアを載せておきます。
(2006/9/2追記)兼乃さんのご指摘により一部改正しました。

[ Continue Reading ]

sb,SereneBach | - | -

[ Skip To Top ]


夢覚まし

CZ-135

CZ-135 - amadana

「美しいカデン」を作りだしているデザイン家電の「amadana」ブランドから、目覚まし時計CZ-135が2006/9/1に発売します!

キャッチコピーは「夢覚まし。」アラーム音じゃなくて、スヌーズによってスローテンポからアップテンポなオリジナルサウンド3曲が順に流れるそうです。ホワイトとブラックの2色で、amadanaらしく無駄をそぎ落としたシンプルで美しいデザインです。しかも、

文字盤に直接数字を羅列するのではなく、正面に厚さ5mmのガラスを置き、その内部に特殊レーザーで彫刻を施しました。

だってさ!目覚まし時計としての実用性だけでなく、デザイン家電としての美しさを兼ね備えた時計ですな。お値段もやっぱりデザイン家電ですが。汗

そういえば今月の13日誕生日だったんだよな~。誰か9月1日あたりに思い出してこれプレゼントしてくれないかなぁ。

Recommend > Others | - | -

[ Skip To Top ]


WCAN も CSS Nite in Nagoya も

9月は2日にWCAN (Web Creators Association Nagoya) だけでなく、23日にCSS Nite in Nagoyaもあります!
CSS Niteってレポートとかみていてすごく行ってみたいんだけど、東京だから行けなかったんですね。それが名古屋に来ちゃうと!

日程などは以下のページを参照してください。(WCANはすでに定員いっぱいだそうです)

WCANは2回目の出席です。WCAN/200606は本当に勉強になったので、プロの方々に混じって懲りずにまた参加します。

CSS Nite in Nagoyaには益子貴寛さん(CYBER@GARDEN)、長谷川恭久さん(C O U L D)、鷹野雅弘さん(株式会社スイッチ)という顔ぶれ。いやぁすごい。

ってことで、僕もWCAN/200609、CSS Nite in Nagoya両方とも参加します。
参加者の方々よろしくお願いします。

(2006/9/24追記)参加後レポートを掲載しました。

Note > WEB | - | -

[ Skip To Top ]


「We google. = ?」のその後

以前「google」が動詞としてある英語辞典に載るっていう話題をとりあえげたんですけど、ちょっと動きがあったのでまたエントリしてみました。

Googleが、「google someone(だれかについてググる)」といった一般動詞としての同社名の使用を厳重に取り締まる意向を明らかにした。

「google」って言葉が「Googleを使ったインターネット検索を表すこと」などという意味で浸透すると、商標としての[Google]の名声を失うおそれがあるから、だそうです。

でも僕個人的には「google」っていう動詞が使われてもいいんじゃないかなぁと思います。

例えば、何年後・何十年後かに「Google」って会社はなくなってしまうかもしれない。でも皆が「google」を「ネットを検索する」っていう意味でぼく一般的に使うようになってたら、その語源として[Google]という会社の名は言語の中でずっと残る。
その時代の子供がこの単語を辞書で引くと、その語源にははっきりと[Google]って社名が残っていて、そこで[Google]という会社のことを知るかもしれない。

僕はこのことのほうがすごく名誉ではないかと感じます。実際ナイーブな問題みたいだからわかんないですけどね。


ところで、この問題について[Google]日本法人としては、

「多くの人にグーグルを知ってもらうきっかけともなるため、大変うれしいこと。米国ではgoogleという社名そのものが動詞として使われていて、商標に問題が生じる可能性もあるため対策を取ろうとしているが、日本の場合は、グーグルという言葉ではなく、“ググる”と変化した形で使われているため、特に問題にはならないだろう」と述べた。

「ググる」はオッケーらしいです。うーむ、ま、自分が使うのは「ググる」だし、いっか。)`ν゜)・;'

で、結局、「We google. = ?」なわけなんですよね。

Note > WEB | - | -

[ Skip To Top ]



Sub Contents

Weblog Navigation

Latest Entries
Category
Recent Comments
Recent Trackback
Archives
Recommend

Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト 「Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト」

WEBの歴史からXHTML,CSSの解説さらにはアクセシビリティにも触れられているまさに「教科書」

Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール 「Serene Bach オフィシャルガイド~カスタマイズ自在のウェブログツール」

Serene Bachユーザ必読のガイドブック

世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル 「世界の「最先端」事例に学ぶCSSプロフェッショナル・スタイル」

有名サイトのCSSデザインテクニックが学べます

Joined

Other